2022年2月に入団した杉山和駿(Takatoshi Sugiyama)に入団から半年の現在の感想等を聞いてみました。

2月に入団させていただいてからまだ半年ほどしか経っておりませんが、本当に楽しく過ごさせていただき、あっという間に時が過ぎていきました。また、群響に入団して本当に良かったと日々思っています。

私は横浜生まれ横浜育ちのThe都会っ子で、都会から出たいと思っていました。高崎は田舎ではありませんが、高い建物が少なく、車で少し走れば緑が沢山あり澄んだ空気が吸える自然が多くあり、夜には星も見えて最高です。東京も近いですし、月1は横浜の実家に帰っています。ただ、夏の暑さには流石に”熱”過ぎて驚きました。

群響はとても居心地が良く、楽団員の皆様は大変優しく話しやすいので安心して過ごすことができています。車好きの楽団員さんも多く、車の話でも盛り上がれて楽しいです。演奏になると人が変わったかのように演奏モードに切り替わるので、さすがだなと尊敬します。

群響は群馬県内の移動が多いことも特徴のように思います。私は車を運転することも大好きで、移動が丁度良いドライブになっています。車を購入する前は群響バスにお世話になり、バスの側面に描かれているぐんまちゃんが最高に可愛く、群響バスに乗れるのが嬉しかったです。

今年3月に大学を卒業したばかりで、まだまだ知らない事ばかりの未熟者なのでこれからも勉強を続けなければと思います。そして、コンサートにご来場下さいました皆様には最高の音楽をお届けできるよう群馬交響楽団の一員として頑張っていきたいと思います。
_Z622970
ND5_2547

杉山の演奏を聴きに、ぜひ会場にお越しください。
オーケストラでの演奏会の他、室内楽演奏会Vol.7に出演し、リサイタルもございます。

杉山和駿 ヴァイオリンリサイタル
 9月5日〔月〕19:00開演 高崎芸術劇場 音楽ホール(4階)
 10月24日〔月〕19:00開演 港南区民文化センター「ひまわりの郷」ホール

室内楽演奏会 Vol.7
 11月19日〔土〕 15:00開演 高崎芸術劇場 音楽ホール(4階)