創立1945年 群馬県で生まれ育まれる交響楽団

指揮者/楽団員/事務局

指揮者

音楽監督 大友直人 Naoto Otomo

otomo
2013年4月〜 群馬交響楽団 音楽監督
2014年4月〜 東京交響楽団 名誉客演指揮者
2008年〜 京都市交響楽団 桂冠指揮者
2001年〜 琉球交響楽団 ミュージックアドバイザー
 
1958年東京生まれ。桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。タングルウッド音楽祭において、A.プレヴィン、L.バーンスタイン、I.マルケヴィッチ各氏からも指導を受ける。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりN響を指揮してデビュー。以来、国内の主要オーケストラに定期的に客演するほか、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者、東京交響楽団正指揮者および常任指揮者、京都市交響楽団首席指揮者および常任指揮者兼アーティスティック・アドバイザーを経て、現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。この間ほかにも1986年大阪フィルとのヨーロッパ・ツアー、1992年東響との東南アジア・ツアー、1994年ポルトガル公演、1996年、2001年ヨーロッパ・ツアーなどでも絶賛を博すなど活躍している。

海外のオーケストラにも客演。コロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2001年7月に、フィルハーモニア管弦楽団の日本ツアーで同団を指揮、2012年3月にハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、以降定期的に客演しており、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演、絶賛を博す。2013年にはエネスク国際音楽祭に招かれ「弦楽八重奏op.7」を演奏。〝繰り返し演奏されているが、今回の演奏は最高の演奏"〝日本のオーケストラ演奏が西洋音楽への新しい希望を見出した。"と評され、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。

数多くのソリストと共演しており、例えばヴァイオリンのG.シャハム、A.デュメイ、F.P.ツィンマーマン、J.ベル、J-J.カントロフ、S.ミンツ、ヴィオラのG.コセ、Y.バシュメット、チェロのM.ブルネロ、D.ゲリンガス、ピアノのR.ルプー、A.ワッツ、B.L.ゲルバー、I.モラヴェッツ、J.-Y.ティボーデ、C.カツァリス、J.-F.コラール、C.オルティーズ、H.グリモー各氏らがいる。J.カレーラス氏のサポートでも絶賛を博した。常に多くのアーティストから再び共演を請われている。
オペラにも力を入れており、1988年、日生劇場における《魔弾の射手》でのオペラデビュー以来、《オルフェオとエウリディーチェ》《リゴレット》《魔笛》《忠臣蔵》などを指揮し、高く評価されている。
2006年には、2月に新国立劇場でのオペラ《愛怨》(作曲:三木稔、台本:瀬戸内寂聴)を東響と共演で指揮、6月に東響と京響の合同演奏で、東京・京都の両都市でシェーンベルク:「グレの歌」を指揮。特に2006年8月イタリアで開かれたプッチーニ音楽祭では三枝成彰作曲オペラ《Jr.バタフライ》(2014年にも同音楽祭で再演)や、2013年1月には同作曲家のオペラ《KAMIKAZE-神風-》の世界初演、そして2014年1月には千住明作曲新作オペラ《滝の白糸》を指揮し、大きな話題となった。
また、東響定期演奏会で黛敏郎《古事記》、エルガー《神の国》《使徒たち》《ゲロンティアスの夢》を指揮、2011年の東京文化会館50周年記念フェスティバル記念オペラでは、黛敏郎《古事記》の日本初の舞台上演をし、大きな話題を呼ぶとともに、高く評価された。
レパートリーは幅広く古典から現代音楽に及び、20歳の時の初レコーディング以来数多くのCDがリリースされている。最新作は、東京交響楽団との共演で『ホルスト:組曲「惑星」』がキングレコードよりリリースされている。
クラシックと他のジャンルとのコラボレーションによる新たな音楽シーンを発信しており、既成のジャンルや表現形式に捉われない新しい形の舞台芸術をプロデュースするなど、音楽プロデューサーとしても新しい音楽シーンを牽引している。
近年では教育的活動にも力を注ぎ、国際音楽セミナー「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」を盟友である指揮者A.ギルバートと毎年開催するなど、活発な活動を行っている。

第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。
 写真ⒸRowland_Kirishimaa

名誉指揮者 高関 健 Ken Tatakaseki

takaseki

 広島交響楽団音楽監督・常任指揮者、新日本フィル正指揮者、大阪センチュリー交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督、札幌交響楽団正指揮者等を歴任し、2014年4月から京都市交響楽団常任首席客演指揮者、2015年4月から東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者。群馬交響楽団からは、1994年の「プラハの春」「ウィーン芸術週間」各音楽祭を含
む欧州公演を成功に導いたのをはじめ、その演奏水準を大幅に引き上げた功績により名誉指揮者の称号を贈られている。桐朋学園在学中にカラヤン指揮者コンクールジャパンで優勝。ベルリンに留学しカラヤン氏のアシスタントを務めた。タングルウッド音楽祭でバーンスタイン氏、小澤征爾氏らに指導を受け、1981年にベルゲン交響楽団を指揮してヨーロッパに、1985年日本フィル定期演奏会で日本にデビュー。以降国内オーケストラはもとより、ウィーン交響楽団、オスロ・フィル、ベルリン・ドイツ交響楽団、クラングフォーラム・ウィーン、ケルン放送交響楽団などに客演。2017年4月には2013年2月に続き4年ぶりにサンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会を指揮、ロシアの名門オーケストラから豊潤な響を引き出し、聴衆や楽員から再び大絶賛を受けた。オペラでは新国立劇場公演「夕鶴」、大阪カレッジオペラ「ピーター・グライムズ」などで好評を博し、ブーレーズ京都賞受賞記念ワークショップではピエール・ブーレーズ氏から、ミッシャ・マイスキー氏、イツァーク・パールマン氏をはじめとする世界的ソリスト、特にマルタ・アルゲリッチ氏からはシチェドリン作品日本初演等3回の共演を通じてその演奏を絶賛されるなど、ソリストからも絶大な信頼を得ている。 第4回渡邉曉雄音楽基金音楽賞(1996年)、第10回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2011年)を受賞。東京藝術大学音楽学部指揮科教授 兼 藝大フィルハーモニア管弦楽団首席指揮者。 写真ⒸV.Baranovsky

名誉指揮者 マルティン・トゥルノフスキー Martin Turnovsky

takaseki

 1928年 チェコ・プラハに生まれる。プラハ音楽アカデミーでカレル・アンチェル氏(元 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督)に学び、卒業と同時にプラハ交響楽団(FOK)を指揮してデビュー。さらに ジョージ・セル氏(元 クリーヴランド管弦楽団音楽監督)にも師事して研鑽を積む。
 1958年 フランス・ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝した後、ブルノ国立フィルの常任指揮者に就任。1963年からはピルゼン放送交響楽団首席指揮者も務めた。1960年以後はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団 常時客演指揮者としてしばしば同楽団を指揮して、プラハの春国際音楽祭でも欠かせない存在となり、1966年からはドレスデン国立歌劇場管弦楽団及びセンパーオパー音楽監督も務めていたが、1968年 ソ連軍と東欧共産主義諸国軍によって構成されるワルシャワ条約機構軍がチェコスロヴァキアに侵攻した「プラハの春」事件を契機に祖国を離れてオーストリアに移住し、オーストリアの市民権を得た。1975年にノルウェー国立歌劇場音楽監督、1979年にはボン歌劇場音楽監督にそれぞれ就任。1989年のビロード革命後は再び、ドレスデン国立歌劇場、プラハ国立歌劇場、チェコ・フィル、スロヴァキア・フィルを含む、旧東欧圏の主要歌劇場やオーケストラへの客演が再開され、1992年にはプラハ交響楽団首席指揮者に迎えられている。

 トゥルノフスキー氏は今日まで世界各国で多忙な演奏活動を展開しており、ニューヨーク・フィル、ロンドン交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、ウィーン交響楽団、バイエルン放送交響楽団、バンベルク交響楽団、トロント交響楽団、セントルイス交響楽団、シアトル交響楽団、ロイヤル・リヴァプールフィル、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団など欧米各国のトップ・オーケストラやベルリン・ドイツ・オペラ、シュトゥットガルト州立歌劇場、ストックホルム王立歌劇場、トゥールーズ・キャピトル劇場、ウェールズ・ナショナル・オペラ、シンシナティ・オペラ、シアトル・オペラなどのプロダクションに登場するほか、プラハの春音楽祭やケルンテンの夏音楽祭でも要職を務めている。
 日本では1970年代後半以後、東京都交響楽団、京都市交響楽団、日本フィル、大阪センチュリー交響楽団の指揮者として登場しているが、1998年 群馬交響楽団首席客演指揮者に就任。度々来日して高水準の演奏を展開した。
1999年にはオーストリア政府より、オーストリア学術芸術部門 勲一等十字勲章を叙勲。2017年7月より群響名誉指揮者。
 
 

コンサート マスター

伊藤 文乃 Ayano Ito

Ayano Ito東京都出身。3歳よりヴァイオリンを始める。高校入学までにソリストとして東京交響楽団、東京シティフィルと共演。桐朋女子高を経て桐朋学園大学を首席で卒業。東京国際音楽コンクール室内楽部門第1位、斎藤秀雄賞受賞。タングルウッド音楽祭に招待を受け参加。1993年、スイス政府給費留学生としてベルン音楽院に留学。1996年、同音楽院を首席で卒業。同年ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第3位(1位なし)。帰国後、1997〜2005年広島交響楽団コンサートマスターを務める。2000年、広島の音楽界の功績を称えられ、エネルギア音楽賞を受賞。またNHK-FMコンサートで、数回に渡りソリストとして東フィルと共演。ソロ、室内楽奏者としても活動している。2009年、群馬交響楽団のコンサートマスターに就任。これまでにヴァイオリンを鷲見三郎、豊田耕児、堀正文、江藤俊哉、玉置勝彦、イゴール・オジムの各氏に、室内楽をブルーノ・カニーノ、J.E.デーラーの各氏に師事。
指揮者の渡邊一正氏とブラームスのヴァイオリンソナタ全曲をライブ録音し、2010年にCDをリリース。
 

楽団員

首席奏者 第一奏者 [50音順]

CONCERTMASTER

  • ito-m
    伊藤 文乃
    Ayano Ito

 

VIOLINS

  • 01
    秋葉 美果
    Mika Akiba
  • 02
    栗田 則子
    Noriko Kurita
  • 03
    高 杉
    Shan Gao
  • 04
    小松 英都
    Hideto Komatsu
  • 05
    小宮山 孝
    Takashi Komiyama
  • 06
    佐野 隆
    Takashi Sano
  • 07
    竹内 千尋
    Chihiro Takeuchi
  • 08
    棚田 敦子
    Atsuko Tanada
  • 09
    筒井 志帆
    Shiho Tsutsui
  • 10
    西谷 康子
    Yasuko Nishitani
  • 11
    原 実和子
    Miwako Hara
  • 12
    古橋 綾子
    Ayako Furuhashi
  • 13
    松本 花菜
    Kana Matsumoto
  • 14
    宮澤 豊子
    Toyoko Miyazawa
  • 15
    宮澤 直樹
    Naoki Miyazawa
  • 16
    山田 修平
    Shuhei Yamada
  • 17
    山本 はづき
    Hazuki Yamamoto
  • 18
    渡会 裕之
    Hiroyuki Watarai

 

VIOLAS

  • 19
    池田 美代子
    Miyoko Ikeda
  • 21
    植村 貴雄
    Takao Uemura
  • 22
    太田 玲奈
    Rena Ota
  • 23
    田岡 幸子
    Sachiko Taoka
  • 24
    戸塚 伊理一
    Iriichi Totsuka
  • 66
    渡邉 信一郎
    Shinichiro Watanabe

 

CELLOS

  • 26
    栗田 将幸
    Masayuki Kurita
  • 27
    レオニード·グルチン
    Leonid Gulchin
  • 28
    中田 英一郎
    Eiichiro Nakada
  • 29
    長瀬 夏嵐
    Karan Nagase
  • 30
    ファニー·プザルグ
    Fanny Pouzalgues
  • 31
    柳田 耕治
    Koji Yanagida

 

DOUBLE BASSES

  • 32
    石神 悠
    Yu Ishigami
  • 33
    市川 哲郎
    Tetsuro Ichikawa
  • 36
    吉見 雄二
    Yuji Yoshimi
  • 36
    若林 昭
    Akira Wakabayashi

 

FLUTES

  • 37
    白水 裕憲
    Hironori Shirouzu
  • 38
    中條 秀記
    Hideki Nakajo
  • 39
    パヴェル·フォルティン
    Pavel Foltyn

 

OBOES

  • 40
    小宮山 美香
    Mika Komiyama
  • 41
    高﨑 智久
    Tomohisa Takasaki
  • 42
    渡邊 潤也
    Junya Watanabe

 

CLARINETS

  • 43
    高子 由佳
    Yuka Takashi
  • 44
    千葉 理
    Makoto Chiba
  • 67
    西川 智也
    Tomoya Nishikawa
  • 45
    野田 祐介
    Yusuke Noda

 

BASSOONS

  • 46
    石川 了一
    Ryoichi Ishikawa
  • 47
    奈波 和美
    Kazumi Naba
  • 48
    西岡 千里
    Chisato Nishioka

HORNS

  • 64
    上里 友二
    Yuji Uezato
  • 49
    関本 隆夫
    Takao Sekimoto
  • 68
    竹村 淳司
    Takemura Junji
  • 50
    濵地 宗
    Kaname Hamaji
  • 65
    向井 正明
    Masaaki Mukai

 

TRUMPETS

  • 52
    太田 恭史
    Yasuhito Ota
  • 53
    小木曽 聡
    Satoru Ogiso
  • 54
    牧野 徹
    Toru Makino
  • 55
    森重 修実
    Osami Morishige

 

TROMBONES

  • 56
    越智 大輔
    Daisuke Ochi
  • 57
    棚田 和彦
    Kazuhiko Tanada

 

BASS TROMBONE

  • 58
    石原 左近
    Sakon Ishihara

 

TUBA

  • 59
    松下 裕幸
    Hiroyuki Matsushita

 

TIMPANI & PERCUSSIONS

  • 61
    福田 喜久夫
    Kikuo Fukuda
  • 62
    堀川 正彦
    Masahiko Horikawa
  • 63
    山本 貢大
    Kota Yamamoto

 

INSPECTORS

棚田 和彦 渡会 裕之
 

LIBRARIAN

大畠 しのぶ

STAGE MANAGER

吹田 悦雄
 

役員・団友・事務局

役員

理事長
大澤正明(群馬県知事)
副理事長
富岡賢治(高崎市長) 織田沢俊幸(群馬県議会議長) 荻澤滋(群馬県副知事)
北村幸雄(上毛新聞社(株)代表取締役社長) 齋藤一雄(群馬県銀行協会会長)
専務理事
折茂泉
理事
新井俊光 五十嵐優子 宇沢充圭 遠藤秀子 笠原寛 金子正元 須藤英仁 高橋伸二
原浩一郎 藤井稔 八木議廣 
監事
松島宏明 小林一仁
評議員
小野善平 櫻井実 塩崎政江 清水一也 髙橋厚 竹内一普 田子昌之 田村滋 堤志行
中澤照雄 中森隆利 根岸弘 松岡マキ子 松原眞介 宮崎勤一

団友

団友
[50音順]赤木昌二 秋山紘一 井桁正樹 市村信持 井上直樹 岩木春樹 碓田寛治 大沢忠夫 
岡昭男 小笠原文雄 小田原朝雄 風岡優 加藤昇 狩野公義 熊井光次 熊井正之 黒崎昌子
小林秀男 榊原誠 佐倉真紀 佐々木正治 下館廣起 白井道夫 関原博 東条文王 友石武彦
長岡忠 中島正美 野中二郎 日比豊之輔 三宅先勝 矢吹陸夫 山内仁 湯川研一 横田伸次
吉井英昭

 

事務局

専務理事
折茂泉
事務局長
大久保聡
次長
住谷玲子
主幹
栗田弘之
総務課長
今井亮二
事業課長
多胡尚徳
企画広報課長
神宮理
事務局員
植杉恵里 大畠しのぶ 川村十朱子 小林和広 深堀愛香 吹田悦雄 三橋尚貴 室賀俊秀

演奏会カレンダー

<< 2017年 12月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

直近の演奏会

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 群馬交響楽団 All Rights Reserved.